最近、東京〜徳島〜北九州航路のお申込みがぐっと増えました。

 乗用車やバイクの方はもちろん、自転車を積んで行かれる方も以前に比べると増えています。

 「そういえば、だいぶ前に見学させてもらったなぁ・・・」と思い出し、写真をアップしてみました。

 スタンダードフェリー・カジュアルフェリーともにご紹介させていただきます。

 【注】オーシャン東九フェリーは新造船就航により、スタンダードフェリーは2016年1月と6月・カジュアルフェリーは2016年
    7月と11月をもちまして引退いたしました。

 


こちらが東京・有明港のフェリーターミナルです。


受付も待合スペースも、とてもキレイで、そしてとても広いです。

 

こちらがスタンダードフェリーの「おーしゃん
いーすと」です。オーシャン東九フェリーの船は
2タイプあって、船室などが異なります。

 さっそく乗船してみます!

 


ここは『2等』です。
スタンダードフェリーでは、いちばんリーズナブルな船室です。カーペット敷きの大広間で、毛布やシーツが
用意してあります。

 

こちらは『フードスクエア』です。

以前はレストラン営業していたスタンダードフェリーですが、今はもうしていません。
現在は、自動販売機でお好きなものを好きな時に召し上がっていただくスタイルに変わりました。
また、スタンダードフェリーには讃岐うどんコーナーなるものがあって、3種類のうどんメニューが
食べられます。※営業時間は限られていますのでご注意を。
★どうやらこのうどんコーナー、うどん以外にもメニューが少し増えているとか・・・

電子レンジも置いてあります。

 カップ麺や、菓子パン・
 電子レンジで温めて食べる
 丼物やカレー・パスタなど
 わりと種類も豊富です。

 

近くに無料の貴重品ロッカーと、有料ロッカーが

あります。

 

 

 1つ上の階へ移動します。

 

 

 

 

 

こちらは『1等』です。

3名・4名定員の個室です。それぞれ2部屋づつの計4部屋
しかない船室のため、繁忙期は真っ先に埋まります。

洗面台はありますが、バス・トイレは付いていません。

 


つづいて『1等寝台』です。ちなみにこちらは2名部屋。

室内の設備は1等と変わりませんが、こちらは2段ベッド

になっています。

ちなみにこちらも2部屋しかない船室です。

 

こちらは『1等寝台』の4名部屋です。

 


こちらは浴室です。

 

こちらはテレビコーナーと、ゲームコーナーになります。

 

さらに1つ上の階へ行ってみます。

 

 

 

 

 こちらは『特等』です。

 

 

 


全6部屋の『特等』。シングル+ソファーベッド
の2名定員です。

 

 

 シャワーとトイレが

 付いています。

 


デッキからの景色もいいですね〜♪

 

こちらはペットルームです。
ケージに入れてお預かりとなります。ご利用の場合は
予約時にお申し出ください。利用料は4,320円です。

 

 

◆つづいては、カジュアルフェリーをご紹介します。