2019年1月25日に就航した新造船「きたかみ」を就航翌日に見学してきました。

 真新しいピッカピカの船内をご紹介していきます。

こちらが車両甲板です。こんなに広い場所が混雑時期は車やバイクでいっぱいになります。

エレベーターで6デッキへ。

客室やパブリックスペースがあるのは6デッキと7デッキで、

あとの1デッキ〜5デッキはすべて車両甲板です。

色分けしてあるのは、お客様がどのデッキに車を止めたか

わかるようにするための工夫だそうですよ。

 


6デッキに到着です。
宇宙+きたかみの絵が目をひきます。きっと今回のコンセプト「スペーストラベル」にちなんだものですね。
白を基調としたエントランスは広くてキレイです。  就航間もないのでお祝いのお花がたくさん!

← 記念撮影といえば、お決まりの船長服!貸出ししています。

 

 

「案内所」です。船内のご案内や、何かわからないことがあればこちらで聞いてみてください。
案内所のとなりに「売店」があります。北海道・東北・東海地方のお土産はもちろん、お菓子や飲み物などが
そろっていました。太平洋フェリーオリジナルグッズもありましたよ。

 


こちらは「キッズエリア」といって、小さなお子様が遊べるスペースです。
中も意外と広いです。  

 

 

「婦人化粧室」です。赤ちゃんのおむつ替えシートや赤ちゃん用のイスも完備されていました。


婦人化粧室のすぐとなりに
「授乳室」がありました。

こちらもおむつを替える台や、

電子レンジなどがあります。

最近は多くのフェリーに授乳室が

完備されるようになりました。

 


こちらは「1等バリアフリー対応洋室」です。

2名定員の個室で、車イスの方でもご利用しやすい
ようなつくりになっています。

客室のドアも引き戸になっていました。

※バリアフリー対応洋室は当社では取扱いできません。
 ご希望のお客様は太平洋フェリーにお申込みください。

 


こちらが、新設されたお部屋「1等クロスツイン」

実際に見るまでどんな部屋なのかと思っていました
が、なるほど!ベッドがクロスになっています。

1〜2名定員なので、使い勝手も良さそうですね。
全部で33室あります。


上段のベッドへは、はしごではなく階段をのぼるタイプなのも
安全で嬉しいですね。

きそ・いしかりの1等には無い冷蔵庫がきたかみの1等にはあります。

もちろん、他の2船と同じようにシャワーとトイレもあります。

タオルやドライヤーも用意されています。

 

 


こちらは「エコノミーシングル」です。
シングルベッドにテレビ、コンセントもありました。
18名×1室や、4名×1室などのお部屋が
全部で8室あります。簡易個室という言い方をされていますが、すべて鍵付きの
ドアで区切られているので、安心して
ご利用いただけると思います。

新日本海フェリーの新潟⇔小樽航路の
ツーリストSと感じが似ています。

 

← 女性専用の部屋もあります。
※一部除外日あり。

 

 

つづいては「特等(和室)」のご紹介です。

3〜4名定員の個室が全4室あります。

ベッドより布団のほうが落ち着くという方や、小さなお子様連れの
ご家族などに和室は人気があります。

特等(和室)は前方左右にある角部屋で、6デッキ・7デッキにそれぞれ2部屋づつあります。
畳に障子と、まさに旅館のお部屋のようなカンジですよ。

1等はシャワーとトイレでしたが、特等はバス・トイ
レ付なのでお風呂も気兼ねなくゆっくり入れます。

お風呂にも窓があるので、お湯に浸かりながら
景色を眺めることができますね。

 

 

こちらは「1等フォース」です。
3〜4名定員の個室が全12室あります。

2段ベッドが左右に2つありますが、下段ベッドの仕切りがありません。
ここが今回太平洋フェリーで初めて採用されたこのお部屋のポイントなんです♪ 仕切りが無いので中央の
スペースを広く使うことができます。

シャワーとトイレが完備されて
いて、冷蔵庫もあります。

アウトサイドのお部屋なので、
窓から景色が見えますよ。

 


どんどん行きましょっ!
次は「展望大浴場」です。

フェリーではお風呂も楽しみの1つだと
思います。乗船時〜入港の30分前まで
利用できるので、お好きなときに入ること
ができますよ。

※海上荒天時には閉鎖する場合もございます。


脱衣所にはドライヤーがありました。

婦人大浴場にはパウダールームのようなスペースも。
朝の身支度の際にも利用できそうです。

海を眺めながらのお風呂はぜいたくなひと時ですね。
リンスインシャンプーとボディソープが備え付けで置いてあります。

 

 

サッと汗を流せれば充分!という方には「シャワー室」もあります。

こちらは、きそ・いしかりには無い新造船きたかみだけの施設です。

個別のドアを開けると、手前に着替えるスペースがあって、奥のドアを
開けるとシャワーブースとなります。

こちらにもリンスインシャンプーとボディソープがありました。

シャワーブースは男女とも3つづつあります。

 

 

ドライヤー完備の洗面台もあり、髪を乾かすところ
までここで全部できます。

 

 

シャワー室のとなりにあるのは「ランドリールーム」です。

洗濯から乾燥まで出来るので、便利ですよ。

洗濯機200円(約40分)/乾燥機100円(約30分)

洗剤も販売してますので、持ってきて

ない!ってときも安心です。

 



大浴場のとなりにあったのが
「給湯室」です。
今まで太平洋フェリーの船には電子レンジがなかったのですが、今回のきたきみを含め、きそ・いしかりにも
ドック期間中に設置されるとのことでした。

 

 


デッキに出てみました。

ファンネルとは船の煙突です。
このファンネルマークは船会社の看板のようなもので、
各社とも、それぞれの特徴をイメージした色やデザイ
ンが描かれています。

太平洋フェリーは太平洋のTとフェリーのFがデザイン
されていますね。

 

つづいては「ペットハウス・ペットテラス」をご紹介していきます。

今まで太平洋フェリーのペットハウスは当日の先着順・無料だったのですが、
きたかみ就航を機に、3船とも事前予約制・有料となりました。

ペットハウスは備え付けのケージに入れてお預かりするお部屋で、
きたかみのケージサイズは幅68p×奥行100p×高さ88p/10個です。

※ペットの種類によってはご利用できません。詳しくは太平洋フェリーにご確認ください。

今回新設されたのがペットテラスです。ペットハウスに隣接しており、ケージから出して遊ばせてあげる
ことができます。※リードは外さないでください。また、小動物はケージや容器から出さないでください。


そしてこちらも新設された「1等ウィズペット」です。

太平洋フェリーの船でペットと一緒に泊まれる客室があるのは
きたかみだけです。

2〜3名定員の個室が全2室。お部屋のつくりとしては1等フォースと
同様になります。ただ、床がフローリングになっています。

※1等ウィズペットは当社では取扱いできません。
 ご希望のお客様は太平洋フェリーにお申込みください。

 


つづいて「C寝台」です。

新造船きたかみでは、カーペット敷の大広間の2等はなくなり

このC寝台が基本の客室となります。

階段昇降式の2段ベッドで、上下とも向かい合わせでベッドが

並ぶ相部屋です。全48席と少ないので空いてないことも多々あります。

各ベッドはカーテンが引け、もちろんコンセントも付いてます。

 


さきほどのC寝台と同じようですがこちらは「B寝台」、C寝台の1つ上の等級となります。
C寝台とほぼ同じつくりですが、違う点はロールカーテンになっている・簡易テーブルと鏡がついているの
2点です。全200席と数も多く、B寝台には女性専用客室もあります。

 

 

 階段のぼって1つ上のフロアをご紹介していきます。