2016年10月11日、青森⇔函館航路の津軽海峡フェリーに新造船が就航いたしました。

 これまで多くのお客様に親しまれ愛されてきた「ブルードルフィン」の名を継承し、カジュアルクルーズ

 フェリーとして新たに生まれ変わりました。

 これは行かねば!と思い、11月中旬に函館まで行ってきました。リクライニングシートで船旅を楽しめる

 ビューシートや、大型犬にも対応したプライベートドッグルームなど、いろいろ見てきたのでご紹介して

 いきますよー。

 

こちらは入ってすぐの「エントランス」です。イスやテーブルがあるのでひと休みできますよ。
ブルードルフィンのシンボル、イルカがいます。  

こちらは「レセプション」です。

船内で何かわからないことがあったら、こちらで
聞いてみてください。

 

 

こちらは「オートショップ」です。

レストランはありませんが、こんな風に
自動販売機でお食事が買えます。

北海道ならでは かにめし ” がありまし
たよ。

 

 

階段を上がって5デッキに行ってみたいと思います。

 

 

こちらのお部屋は『コンフォート』、4名定員の個室です。

カーペット敷きのスペースにソファーマットレスを引き延ばして
使用します。

テレビ・洗面台が完備されていてお子様連れのご家族に人気があります。

お部屋は全7室です。

 

 

コンフォートの並びに喫煙室がありました。
船内は禁煙ですので、タバコを吸われる方はこちらでお願いいたします。喫煙室は4デッキにもあります。

 

 

こちらは『スイート』です。バス・トイレ付のツインで、コンフォートと同じく全7室です。
↑このイス、エントランスにあったものと色違いです。
 ちょっと特徴のある形だなって思ってたんです。
 シンプルなつくりですが、4時間弱の船旅には充分な
 設備だと思います。

 

 

4デッキに戻って他の客室やパブリックスペースをご紹介していきます。

こちらは「プロムナード」です。プロムナードで4人掛けのテーブルは珍しいですね。テーブルの端には
ドリンクホルダー的なものが付いてました。ここでお食事するのもいいですね。

プロムナードの近くにドリンクの自販機がありました。

← 以前、ブルーマーメイドのときも見かけましたが
  自販機で本が売られています。

 

 

こちらは『ビューシート』です。船首部分に2列に並んだリクライニングシートが全部で42席あります。
後列でも景色が見やすいように、前列との間に段差をつける工夫がされていました。
ほぼフラットになるくらいまでシートは倒せます。
座り心地も良かったですよ〜♪
 前列の窓からは船首部分の景色が見えました。
 船が運航中なら真正面にど〜んと海!ですね。

 

 

ビューシートの近くにお手洗いがあります。レセプション付近や5デッキにもありますよ。


こちらは女性用。


こちらが男性用。

 

 

今度は『スタンダード』を見ていきましょう。

 

カーペット敷きの大広間がスタンダードです。おそらくいちばん多く利用されている客室かと思います。
もちろん数もいちばん多いです。

 

こちらは女性専用の『スタンダード/レディースルーム』です。

 

それ以外にも、小学生以下のお子様同伴のお客様優先のファミリールーム
というのもありました。

奥のほうに更衣スペースもあります。

着替えたりするときも安心ですね。

 

こちらはバリアフリー対応のスタンダードです。

車いすを置いておくスペースがあったり、随所に
手すりも見受けられます。

 

 

ここは「キッズルーム」です。
小さなお子様が遊べるようになっています。

奥のマットが敷いてあるスペースでは、多少はしゃ
いじゃっても大丈夫そうですね。

 

 

キッズルームのとなりにあるのが「赤ちゃんルーム」です。

おむつ交換や授乳の際に利用できるお部屋です。赤ちゃんルームって1部屋だけのことが多いんですが、
こちらは中に入ってブースが4つもあるので、順番待ち・・・なんてことが少なく済みそうですね。

 

 

つづいては「シャワールーム」です。

まずは女性用から。

シャワーブースが4つ。向かいにはドライヤーが設置してある洗面台があります。夜の便に乗る方や、単に
リフレッシュしたい!というときにもぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

備え付けでシャンプー・コンディショナー・ボディソープがあります。
こちらは津軽海峡フェリーの女性スタッ
フの皆さんが選んで決めたそうですよ。

 

 

次に「ゲームコーナー」です。

懐かしい記念メダルの販売機(以前、太平洋フェリーの
きたかみを見学した際にもありました)や、定番の
スロットゲームが並んでいました。

 

 

さきほどのシャワールームのこちらは
男性用です。

男性用は各ブースにドライヤーが完備して
あるので、シャワーブースは女性用の倍の
8つあります。

 

 

そして、こちらが「プライベートドッグルーム」です。

空気清浄機やテレビなどがあるワンちゃんと一緒に入れるお部屋なんです。
小・中型犬はもちろん、大型犬もOKなのはこのブルードルフィンとブルー
マーメイドの2隻だけです。

室料は12,340円。※その他に車両・旅客運賃が別途必要です。

ご利用に関して注意事項などがございます。詳しくはフェリー会社に
ご確認くださいますようお願いいたします。

奥のドアからドッグバルコニーに出られます。
 こちらで、ワンちゃんを遊ばせることができます。
 天候等の事情により閉鎖する場合もありますので
 ご了承ください。※12月〜3月は冬期閉鎖いたします。

 

 

こちらはケージに入れてお預かりする「ドッグルーム」です。幅44p×奥行61p×高さ51pのケージに入る
小・中型犬(体重20sまで)が対象です。利用料は1匹あたり1,020円です。ブルードルフィンにはケージは10
個あります。

ご利用に関して注意事項などがございます。詳しくはフェリー会社にご確認くださいますようお願いいたし
ます。

 

 


↑バイクを固定するラッシング。
せっかくなので車両甲板も少し見せていただきました。
夏の繁忙期は満車になるくらい、このスペースがいっぱいになっちゃうんですね〜。

 

 

新造船「ブルードルフィン」は2014年に就航したブルーマーメイドと同型の船です。

今回見学させていただき、船内設備がとても充実していることに驚きました。4時間弱と比較的短い航路なの

ですが、使いやすそうなシャワールームに授乳やおむつ交換をするのに嬉しい赤ちゃんルーム、ペットと一緒に

過ごせるプライベートドッグルームなど、船旅が快適に過ごせるよう造られているんだなぁと感じました。

フェリーはなかなか乗る機会がない方が多いと思いますが、このレポートを通じて少しでも興味を持っていただけ

たなら、それはそれは大変嬉しく思います。

 

今回ご協力いただいた津軽海峡フェリーの皆さま・そして当社担当のN氏、ありがとうございました。

 

     

★よろしければこちらもご覧ください。

函館港フェリーターミナルの見学レポートです。
◆フェリーターミナル見学レポート >>