こちらが5Fです。

 

 

上がってきてすぐのロビーです。展望サロンと同じようにテーブルとイスがいくつもあります。

 


こちらは「喫煙コーナー」です。船内は全面禁煙となっていますので、タバコはこちらでお願いいたします。

 

 

つづきまして洗面所もご紹介しておきましょう。

「婦人化粧室」です。

おむつの交換台も設置されています。

 


あけぼのと同じく、波之上にもドライヤーが置いてありました。

 

 

それでは客室をご紹介していきます。

まずは『2等』です。

仕切り板で1人分のスペースがちゃんと区切られているので、
寝返り打ったら隣の人の顔が目の前に・・・なんて気まずいことに
ならずに済みそうです。それぞれにマットレス・毛布・枕が用意さ
れています。

上には荷物も置けるようです。


 

 

こちらは『2等洋室』または寝台Bとも呼ばれているお部屋です。

2段ベッドの8名部屋(相部屋)です。

2等運賃にプラス2,050円で利用できるので、
希望される方も多い客室です。

ベッドランプの下にコンセントが付いています。

 

 

こちらはあけぼのにはなかった『2等寝台』または寝台Aとも呼びます。

2タイプあるんですが、まずは6名部屋(相部屋)からご紹介します。

カプセル型の2段ベッドで、はしごではなく階段昇降式です。



ベッドランプの下にコンセント有り。

← ロールスクリーンを下ろすとこんな
  かんじになります。

 

 

そしてこちらがもう1タイプの2等寝台(1名部屋)です。

ランプの下にコンセント有り。

こちら、1名用の個室です。

しかもさきほどの6名部屋(相部屋)の
2等寝台と同じ料金で利用できます!

1名部屋にはテレビが付いています。
全6室と数が少ないので、ご希望の
場合はお早めに。

 

 

つづきましては『1等』です。

こちらは跳ね上げ式のプルマンベッドを使用することによって、1部屋で
2〜5名まで利用できます。

2名で使うならツインのお部屋として。 3名からは壁に設置されたベッドを倒して使用します。

奥に小上がりのスペースを設けた
和洋室タイプです。

バス・トイレは付いていませんが、
洗面台はあるので、顔を洗ったり歯を
磨いたりできます。

浴衣・タオル・スリッパ・歯ブラシセット
が用意されています。

 

 

そしてこちらが『特等』です。
船首にある2名定員の個室で、左右の角に1部屋づつの計2室しかないお部屋です。

特等のみバス・トイレ付なんです。

浴衣・タオル・スリッパ・歯ブラシセット
が用意されています。

 

 

こちらは「シャワー室」です。

男性用はシャワーブースが9ヶ所。
シャンプーや石鹸類の用意はないので
持参してください。

ちなみに・・・女性用は脱衣スペースがあるので、シャワーブースは6ヶ所です。

 

 

車両甲板はこんなカンジで〜す。

 

 

「フェリー波之上」は、あけぼの就航から4年後の2012年に就航しました。

タイプとしてはほぼ同型ですが、あけぼのと違うところ1つ目は2等寝台があるところ!しかも相部屋と個室が

同じ料金というのも驚きです。次に1等のベッドが通常の2段ベッドから跳ね上げ式のプルマンベッドに変わった

ところでしょうか。これなら2名で利用する場合は通常のツインとして使用できます。

こういった違いなども今回のレポートを通じて知っていただき、今後の参考にしていただけたらとても嬉しく

思います。

 

ご協力いただきましたマルエーフェリーの皆さま、お忙しいなか2日間ありがとうございました。

 

     

★引き続き、よろしければこちらもご覧ください。

マルエーフェリー見学レポート第1弾です。
◆フェリーあけぼの編 >>

マリックスライン見学レポート第1弾です。
◆クイーンコーラルプラス編 >>

マリックスライン見学レポート第2弾です。
◆クイーンコーラル8編 >>